亀頭の先細り解決法

亀頭の先細り解決法

亀頭の先細りとはどんな状態?

亀頭の先が細くなってしまう状態とはカリ首の先端が細くなってしまう事を指します。
通常はカリ首より先は太くなるのですが、先端が細くなっているので、先細りと言う状態になります。

先細りは見た目にも直ぐにわかるので、根元と比べて細くなっているのであれば、先細りではないか確認してみて下さい。
先細り状態だとパートナーを満足させるのも難しくなります。
私も以前はその様な状態でしたが、今では解決する事が出来ました。

男性としての自信も無くなってしまう状態なので、よく原因を把握して、改善する事に力を注ぐべき状態です。
自分一人で悩まずにパートナーに相談する等行い、改善を試みる様にして下さい。
先細りが解消すると自信を取り戻す事も可能です。

先細ってしまう主な原因は

先細りの主な原因に挙げられるのが世の中で多い包茎です。
包茎は亀頭を圧迫し、成長を阻害してしまいます。
これを解消すると先細りの解消にも繋がるので、まずは亀頭の圧迫を無くす様にして下さい。

成長の阻害が解消されると徐々に改善されるはずです。
私もこれが原因でしたが、器具の使用により解消する事が出来ました。
癖をつけて剥けたままの状態をキープすると開放感もあるので、とても気持ちよく過ごす事が出来ます。

器具もそこまで高価ではないので直ぐに購入する事が出来ました。
先細りを放置しておくより自力で解決する道を探す方が原因の解消にも繋がりますし、気分も良くなります。
パートナーに良く相談して、解決する道を模索してみて下さい。

自信が持てず、女性にも不評

先細りの状態だと見た目に自信が無くなるので、劣等感を感じてしまいます。
劣等感を感じると性生活の破綻が起きてしまうので、改善が必要です。
そのまま放置して置くと女性受けが悪いだけではなく、性生活を行っても膣への刺激が十分に行えないので、パートナーを満足させる事が出来ません。

満足させる事が出来ない状態が続くと性生活の破綻が起きるだけではなく、生活していく上でも困難になってしまいます。
もちろん女性受けも悪いので、立場も弱くなってしまいます。

見た目の問題だけだと考えずに自信を取り戻す為にも改善する様に努力を行えば、パートナーも快く協力してくれるはずです。
愛するパートナーの為にも放置せずに前向きに取り組むようにして下さい。

状況によっては手術による解決も視野に

亀頭を露出させる為には包茎の解消を行い、成長を促進させる必要がありますが、包茎が重度の状態だと自力で解決する事が出来なくなります。
その場合は手術を行う事により余った皮を取り除く事が出来て、先細りを解消する事が出来ます。

手術を聞くと怖いと感じるかもしれませんが、医師とよく話し合いを行い、不安を解消すれば手術で不安を感じる事もありません。
病院の評判を調べて専門の病院を選んで、手術に挑んで見てください。

ほとんどの病院では日帰りで入院する必要もないので、会社を休んだりする必要もありません。
麻酔も行いますので、痛みを感じる事無く終わるのがほとんどです。
手術を行う事により先細りが解消するメリットの方が遥かに大きいです。

亀頭の先細りに関するまとめ

亀頭の先細り解決法

亀頭の先細り解決法

先細りは剥けない事が原因の場合が多く、剥けない事により小さい細いと悪循環に陥ってしまいます。
問題を解決しない限り、先細りは勝手に治る事はありません。
自力で解決を試みるようにし、それでも駄目な場合は手術に踏み切る事も大切です。

自分だけの問題ではなく、パートナーにも迷惑を掛けてしまうので、早急に解決する事がお互いの為にもなります。
見た目の問題だけだと考えずに改善する為に行動を起こす様にして下さい。

私も以前は安易に考えていましたが、パートナーと話し合いをするとより真剣に問題を考える事が出来る様になりました。
自分の大切なパートナーなので、悲しい思いをさせない為にも包茎を解消するのが解決の糸口です。
性生活を豊かにする為にもパートナーに小さい細いと感じさせない様にして下さい。