仮性包茎は治すべき?実際に手術する時の方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
包茎の種類

仮性包茎は病気?恥ずかしいことなの?

仮性包茎の治療

仮性包茎の治療

通常時には亀頭が包皮に覆われている状態を仮性包茎と定義していますが、実は日本人男性の7割前後がその状態になっているといわれています。
ただ病気ではありませんから、全く恥ずかしいことではありません。

仮性包茎といっても軽度から重度まで段階があり、軽度と言われるのは通常時でも半分ほど亀頭が露出している状態で、勃起をしたときには手で引っ張ると完全に露出をすることができます。
そして重度になると、亀頭の全体部分を包皮が覆っている状態で、勃起した時も亀頭の一部しか露出することができない状態のことを示しています。

恥ずかしいことではありませんが、包皮部分に恥垢がたまってしまうなど不衛生になることがあるので改善することも大事です。

仮性包茎の治療によるメリット

仮性包茎は病気ではありませんが、治療をすることによって沢山のメリットを得ることができます。
まず包茎だというだけで後ろめたさや恥ずかしさを持つことがありますが、改善することによって女性やセックスに対して自信を持つことができます。

また健康面でもメリットがあり、包皮をかぶっていると恥垢がたまりやすくなるのでペニスが不衛生になってしまいます。
綺麗な状態を保つことで、感染症や陰茎癌を防ぐ効果があると期待されています。

そして亀頭が露出した状態になると、早漏の改善が見込めることもわかっています。
必ず治療をしなければならないわけではありませんが、コンプレックスを解消したりパートナーや自分の健康を考えたときは、改善することがとても効果的です。

仮性包茎を治すための環状切除術とは

仮性包茎を治すためには様々な治療方法がありますが、有効だと言われているのが環状切除術という方法です。
病態生理に即した治療ですから、包茎を改善するための標準的な術式として今までにも広く行われています。

切開を根元付近にすることで傷や縫合部分を目立たなくすることは可能ですし、切除する量が調整できるという魅力があります。
環状切除術の流れは、亀頭が完全に露出した状態と包皮に覆われた状態でそれぞれ印をつけて、必要のない包皮を切除して縫い合わせる方法です。

包皮を環状に切除する手術になりますが、人によって包皮やペニスの長さが違うので調節しやすいメリットがあります。
包皮を切らない手術は再発の可能性があるので、感情切除術は即効性と再発の恐れがない魅力的な治療法です。

環状切除術にあたって注意すべき点

再発がないというメリットがある環状切除術ですが、注意する点がいくつかあります。
1つは勃起時に皮が足りなくなるほど切り過ぎてしまうと痛みがあるので、信頼できる医師を選ぶことが大事です。

そして難しい手術ではありませんがメスを使用するため出血のリスクがあります。
また手術前に麻酔を行うので、麻酔の副作用が起こる可能性も考えられます。
体質によって麻酔がアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので、今までアレルギーに反応したことがないかを確認し、医師に相談することが欠かせません。

手術をするときは抗生物質を併用することがありますが、完全に感染症のリスクを捨てきることができないことも知っておく必要があります。

仮性包茎とその手術方法についてのまとめ

包茎の種類

包茎の種類

仮性包茎になっていても普段生活している分には不自由を感じることはないかもしれません。

しかし不自由がなくても治療する価値があります。
治すことによるメリットは多く、仮性包茎でいても損こそあれど何一つ、得はないといえます。

コンプレックスを抱えて一人で悩んでいるよりも、思い切って1回の手術を受ければ悩みは解決します。

手術は泌尿器科よりも、包茎手術の実績がある美容外科医に任せると良いでしょう。

これまで数多くの症例を取り扱っていますから、恥ずかしさを感じることはありませんし、それぞれの状態に応じた手術をしてもらうことができます。

手術をすれば再発の恐れはありませんから、自分にもパートナーにも誇らしい気持ちで向き合えるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。