包茎の治療法

包茎の治療法

ペニスのサイズアップで、自然と剥けるように

ペニスのサイズがアップする事により皮の余り部分が減ることで自然と剥ける様になる事があります。
ペニスのサイズアップさせる方法としては、自分でマッサージを行ったり、ペニスの成長によいサプリメントを飲む等の方法があります。

両方併用する事によりサイズアップは期待できますので、自然に向ける確率も増してきます。
私も剥けていない事に悩んでいるので、サイズアップをさせる為に毎日マッサージを行い、ペニスの血行を良くする事に力を入れています。

お風呂の中やお風呂上りであれば、行いやすいので、時間がある時には試す様にしています、サプリメントは様々な物を出ているので、自分の身体に合った物を選ぶ様にしています。
少量を購入し、試してみるという方法にしました。

実際のセックスを重ねることも改善に繋がる

セックスをすると男性ホルモンの分泌が促されるのと外的な刺激や摩擦によって自然と皮が剥ける事があります。
自然に剥ける様に改善する為には、日々の積み重ねが必要なので、パートナーにも説明して二人で話し合って納得した上で改善に取り組むとより効果を得る事が出来るはずです。

私もパートナーに話し合いを行い、お互いの体調を考えた回数にする事にしました。
試してみると徐々にではありますが、効果が出てきている様子です。

もちろん個人差はありますが、特に費用が掛かるわけではないので、お手軽に試す事が可能な方法です。
セックスする事によりお互いの愛も深め合う事が出来るのも良い点なので、いつまでも仲良く暮らす為にも良い方法だと私は感じています。

軽度ならば包茎端正器具で治療できる場合も

包茎には重度と軽度がありますが、軽度なら器具を利用する事も一つの手です。
矯正器具は様々な物が出ていますが、一般的な物だとリングや接着剤式の物があります。

どちらも目的は剥きクセをつける事を目的としており、ペニスを露出することで皮が剥けたままの状態になる事を維持する事を目的とされています。
リングは初めて使う場合、着けている時の違和感を感じる事があります、慣れてしまえば違和感は無くなります。

接着剤式は塗るだけなのでお手軽です。
自分に合っている物を選ぶ様にすると長期間利用する事が可能です。
どちらも徐々にクセをつける事が出来るので、手で剥ける様な軽度な状態であれば、矯正を行う事により解消する可能性も高いです。

外科手術が必要なケース

これは重度の場合ですが、剥くことができないレベルだと手術をする必要があるかもしれません。
手術と言っても日帰りで終わる物も多く、麻酔を行うのでそこまで痛みを感じる事はありません。

よく医師と相談して、不安を解決するようにして下さい。
剥くことができないと普段のセックスでも苦労してしまうので、医師と相談し早期に治療を行う方が良いでしょう。
また本当に剥けないのか医師に見てもらい判断は自分でするのではなく、医師の指示を仰ぐ様にして下さい。

専門に扱っている病院であれば、医師も毎日色々な状態のペニスを見ているので、恥ずかしがる必要はありません。
なかなか足が運び難いと感じるかもしれませんが、勇気を持って病院で見てもらってください。

包茎治療に関するまとめ

包茎の治療法

包茎の治療法

この様に治療には自力で行う方法とクリニックを利用する方法があります。
軽度ならまず自力で治せる方法を試してみて下さい。
軽度で剥けるまで時間は掛かるのは当たり前なので、継続して試すと結果は付いてくるはずです。

私も実際に剥けるまでは半年近く掛かりましたので、焦らずにゆっくり剥ける様にして行って下さい。
それでも結果が出ない場合や重度の場合はクリニックを利用して治療する様にして下さい。

医師にペニスを見せるのは恥ずかしいと考えるかもしれませんが、そこは少しの勇気を持って挑んでください。
一度手術してしまえば、包茎になる事はないので、安心です。
手術に不安がある場合は、その点を医師によく相談すれば解決するはずです。